Vネックロングシャツの3つ巻き仕様

新作アップいたしました。
Vネックロングシャツ

裾のカーブがとっても難しそう・・・
と思い、初心者さんでも どうにか作成出来るよう仕様を考えました。

DSC07338 (300x400)


アイロンで縫い代巾を折り曲げます(1.2cm巾)
この時、折山にアイロンを当てて端の部分を浮かせるようにかけます
IMG_1021 (400x400)

このようになるとベストです!
IMG_1018 (400x400)

折り目を一旦開いて、5ミリの幅に折り込みステッチを掛ける(端から1ミリ)
ステッチはカーブの強い部分のみで大丈夫です。
縫い代端が波打っている部分がカーブの強い部分と考えてください
IMG_1022 (400x400)
返し縫いはしないで、少し糸を引いて縮めてあげると3つ巻きしやすくなります
下の写真が縮めた状態の物なので参考にしてください

あとは、最初の折り目を戻して はしから端まで3つ巻きステッチをかけてください。
IMG_1023 (400x400)

仮ステッチの糸端を切って出来上がりです。
最後にアイロンで整えてください
IMG_1024 (400x400)
脇のガゼットは最後の仕上げの段階で付けます。

手間がかかるのですが、何度か試した結果
この方法だと失敗が少なくて一番スムーズでした。

あと、縫いやすい生地かどうかという点が重要です。

ダブルガーゼやリネンガーゼ、綾織の生地 はちょっと難しいですね~
タイプライターなど目が詰まった生地はやりやすいです。

練習次第ですが、がんばって仕上げてくださいね^^
スポンサーサイト

ソーイング

次回新作ブラウスには、前立て開きという仕様を取り入れています
デザインのポイントにもなっているので是非挑戦して欲しいな~と思っていますが
私にできるかな??と思っている方も多いのでは・・・

1L-42e.jpg

ボタンホール・ボタンつけがあるので、ないよりは当然面倒なのですが
縫い自体はそれほど難しくありません

ちょこっとどういう仕組みなのかご紹介したいと思います
テキストは、図解や下の写真をとりいれて詳しく記載しますのでご安心ください

まず、パーツを裁断します(上前と下前の2パーツからなります)


裏側で地縫いをします
b-3.jpg

身頃の中心を前立てに沿って切り込みます
b-5.jpg

表側にひっくり返し、前立てを半分に折り曲げます
下前は折り曲げた状態になっています
b-6.jpg

ステッチで伏せて完成です
b-10.jpg

細かいところは省略していますが、こんな手順です
直線縫いだけなので、とても簡単ですよ

ビシっと前中心に真っすぐ付いてほしいので
最初に切り込み位置の印を入れる! これがコツです
簡単なことなのですが、目分量でするとふにゃっと曲がって
なんともしまりのない、ブラウスになってしまいます(苦笑)←経験者

明日は撮影の予定をしていますが、雨の予報・・・
ちょっとでも晴れ間があるといいのですが


追記

アレンジとして、ボタンホールの不要な V開き仕様もご用意しています!


奥深い

洋服作りって なかなか奥深い

だから何年(ん??何十年か?)やっても飽きない
今でも、もっと上手くなりたい と日々修行中です

会社員時代に 縫製チームの先輩に
「どうやったら縫いがうまくなりますか?」
と質問したことがあります


「地の目を意識することかな」 とのことでした


当時、何にも出来なかった私には

「へ~よく分からんけど、地の目をひらうって なんちゅう高度な」
と思っていました


今では その意味がよくわかります

地の目が通っているときの 縫い方・生地の動かし方
バイアス地の目のときの力加減 

何気ない会話だったけど、それが大きな宝になっています


できる・できない は置いといて、意識することが大事だそうですよ


縫いのプロって本当にすごいです
縫い目がきれいなのはもちろんですが、生地にあわせた縫い方をするのです

例えば、1cmの縫い代でも、1cmで縫わないことがあるんですよ
生地が厚いときは、厚み分を想定して9mmくらいで縫ったり
見返しに控えを付けるときはわざと、生地端を少しずらして縫ったり
つまり、仕上がったときパターン通りの大きさになるようにしてくれます

ピンを外し忘れると大変なので、マチ針は一切使いません
イセのたくさん入った袖付けでも指先と目打ちで鮮やかに縫っていきます

おかげで沢山勉強させてもらいました

皆様も  地の目  を意識してみてくださいね
急に上達するかもしれませんよ(笑)


芯地について

洋服や小物を作るとき、芯を貼る という工程があります

皆さん、ちゃんと接着芯を貼っていますか?

接着芯は表地並みのお値段だし、アイロンで貼るのもちょっと面倒だったりしますよね
できれば、省きたいな~と私でも思ってしまいます

でも、接着芯は作品の仕上がりを左右するすごーく大事なものなのです

//接着芯の役割//

・洗濯や着用による型崩れを防ぐ
・型紙通りの寸法に仕上げる(伸びてしまわないように)
・ほつれてこないようにする
・仕上がりのシルエットをきれいに保つ

こんなところでしょうか?

今日は私がいつもやっている接着芯の貼り方を紹介します
2度裁ちという方法です

まず、表地を大きめに(まわり1cmくらい)大雑把に裁断する
芯は表地より少し大きめに裁断します
20100108074938.jpg

裏側にアイロンでしっかり接着し、型紙通りに裁断しなおします


↓上が裁断したもの
型紙とぴったり同じ形になります
20100108075136.jpg
2度に分けて裁断するので一見面倒に見えますが
形がきっちり決まるので、すごく縫いやすいです

あと、パーツが細かいときは、下の様に長方形でザクっと裁断して
裁ち直すこともあります
20100108074944.jpg

今ではこの方法でないパーツは縫いたくないほど、定着しています
一度お試しくださいね


ロックミシンの針を変えようと、六角レンチを探しているのですが行方不明
年末に大掃除をして、出しっぱなしのものを全部収納してからというもの探し物ばかり
収納下手の私は、どこに片付けたのかを覚えられないという情けない始末です

年末から探し物ばっかりだよ
その辺の引き出しにポイっとしまう性格なので、どこかにしまった記憶があるものの
それがどこだったか・・・
今日はここでミシンストップです
もう少しで2枚縫えそうだったのに残念!


ソーイング講座~ギャザーチュニック~


【1L-26】ギャザーチュニック

そろそろ、出荷第一弾の方のお手元に入っている頃でしょうか?

とっても簡単にできる(はず!?)のギャザーチュニックなのですが
上手く縫えるか縫えないか、の分かれ目になるかもしれないギャザーのお話をさせて頂きます。

ソーイングに興味のない方はスルーされた方がいいかもしれません
あまり、楽しい話ではないので・・笑

このワンピースは所々にギャザーが入っていますので
少し面倒。ポケットと袖口は直線に仕上げるので、それ程難しくはありません。

ただ、衿ぐりのギャザー。
これは衿ぐりラインがカーブになるので注意が必要です。

衿ぐりをくるむパイピング布は、もともと直線(長方形)のものをバイアスに裁断し
カーブに変形させて仕上げます。
1L-26ga2.jpg
A=わになる方です。
Bの側を伸ばして縫うと、きれいなカーブになります。
↓は縫った図ですが、A(外側)よりもB(内側)の距離が長いのが分かりますか?
1L-26ga1.jpg
ですので、地縫いをするときに衿ぐりのバイアス布をしっかり伸ばすとうまくいきます。
パターンは伸ばし分も計算して作ってありますので、合印をあわせながら縫うだけになっています。
ミシンに入れるときは、どうしても真っすぐになってしまうので
「ここはカーブだぞっ!」という意識でパイピングをピッっと引っ張って縫うとよいです。
↓は見えていませんが、下にパイピング布を重ねて地縫いしているところです。
1L-26ga3.jpg
合印をあわせてみると、身頃が余って、パイピングが突っ張る感じになると思いますが
そこをパイピングを伸ばしながら縫うのです!

伸ばしが足りないと、A部分がヒラヒラしたり
前身頃の裾がつりあがったようになりますのでご注意を。

あとは、ギャザーをつぶさないように気をつけて、パイピング部分をアイロンで
整えればすっきり!仕上がります。

ココさえクリアすればあとは、スイスイ~~と縫えますよ!

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。