ワンピース丈アレンジ

久しぶりのソーイング講座です。
今回は着丈のアレンジ方法です。
Hooray!ではS・M・Lサイズの3サイズ展開になっていますが
実際には、身長が小さい方、大きい方は着丈だけを変えたいなという場合がありますね。
特にワンピースは丈が全体のバランスの決め手になります。

普通のロング丈でしたら、そのまま延長線上に裾で短くしたり長くしたりしても大丈夫です。
先日発売された、スリットワンピースは裾に切替があり、着丈のアレンジに迷われる方も多いのではないでしょうか?

今回は身長の小さい方向けにバランスをくずさないアレンジを紹介します。
例えば、身長が150センチ前後の方だと、着丈を5~8cm位短くするとよいと思います。
下記からは着丈を7cm短くする説明になります。
take2.jpg
身頃部分だけでなく裾の切替も少しカットする方が全体のバランスが良いです。
比率は 2.5:1くらいで(もちろん好みでOK)

take3.jpg
身頃がAラインで少し裾広がりなので短くすると裾切り替えとの接ぎ合わせの寸法が変わります。

take4.jpg
まず、裾から平行に5cmのラインを入れます(写真のような、方眼定規が便利です)
必ず、出来上がり線と縫い代端の2本入れてください。
裁断ミスの元となりますよ(失敗経験あり・・汗)

take5.jpgtake7.jpg
短くしたラインの上に裾切替のパターンをのせてみてください。
切替のパターンが少しはみでます(5cm短くすると5㎜くらい)

take10.jpg
はみ出した部分を折り曲げて(切替は長方形なので平行に折り曲げる)
丈部分は2cm折り曲げて裁断する

take8.jpg take9.jpg
身頃は短くした位置(縫い代端で)で折り曲げ裁断する。
身頃は少しカーブになっていますので注意してくださいね。

これで、着丈はー7cm、裾周り寸法はー2cmになります。
裾周りの寸法をキープするアレンジ方法もありますが、着丈をこれだけ短くすると
若干、裾まわりも小さくしたほうが脇から裾に広がるラインがきれいだと思います。

ちなみに2~3cm程度のアレンジだと、寸法はさほど変わらないので
裾の切替は変更しなくても大丈夫ですよ。
裾切り替えの巾は意識して広めになっていますので、
もう少しせまくしてみたり、2つ折りにして裾を輪にして身頃を挟み込むような縫い方も
おもしろいかも!
無地×柄をあわせたり、チェック柄をバイアスにしてみたり
切替を入れることで、とても楽しめるアイテムになりそうです。

パターンは折り曲げるだけで、原型はキープできますのでこの方法をおすすめします。
ソーイングの話をすると、ミシンが踏みたくなってきます。

休み明けで、仕事も調整しないといけないのでしばらくは我慢ですけどね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。