新作情報  仕様編

新作について

今日は衿ぐりについてです

今度の新作の後衿ぐりには見返しが付いています
ハンガーにかけた時、ちらっと見えて可愛いです!
 1L-37i.jpg


見返しをつけた理由はいくつかあります

本来 見返しの役割は形をしっかり整えたり、衿などのパーツを挟み込む為につけます

今回の場合に関しては、半分はデザインです

見た目がかわいいのと、別布使いでポイントになったり、スタンプを押したり・・・
作る楽しみが沸いてきます

次の理由は、衿ぐりが伸びすぎない様に
Tシャツなどは着用するにつれて、衿ぐりがだら~~んと伸びてしまいます(生地にもよりますが)
見返しをつけることで、少なくとも見返し部分だけは伸びてしまうことがないので
形がある程度キープできるのです

全部に見返しを付けてしまっては、頭が入らなくなってしまうので(あたりまえか)
後で伸び止めをしつつ、他の部分で頭が入るくらいのテンションを保つといったところでしょうか

見返しは布帛でもニットでも可で、付けなくても大丈夫です
小さなお子様や、頭が大きめなお子様には、つけない方が脱ぎ着が楽な場合もあります
(生地の種類でも大きく左右されますよ)


あと、ここに簡単にスリットを作ることができます
そうすることで、衿ぐりを布帛のパイピング始末にも出来るようにしています
k37-6.jpg

例えば、無地のニットで作るとき

どうしても全体の印象が寂しいですよね
そんなときは、花柄のパイピングをして後ろをリボン結びしてあげると全体が締まってみえます

テキストでコチラの方法も載せますのでご安心くださいね


バインダー始末なので、レースを挟んでみました
地味な配色の生地でも、これだけでガーリーに変身です
k37-8.jpg

ちなみにココで使用した余り布です
0129b.jpg


次は、バリエーションについてお話させて頂きますね~~つづく
こちら6月初旬にアップの予定です




スポンサーサイト

Comment

新作~
着々と進んでますね^ー^パチパチ
既製服のニットものって特に袖ぐりのきれいなものがあまり売ってないのが気に入らないんですけど、その辺もパターンこだわっちゃいますよね。

ニットでパイピングするのって難しくはないですか?
自分でやってみろって話なんですが(笑)
今作ってるニットワンピ、布帛パイピングや裏バイヤスでは頭通るか微妙なところで、、、共布で裏バイヤス(実際にはバイヤスでなく横地ですけど^^;)で今縫製お願いているところなのです。。。

後のなみだあきも検討しているところで、、、なんかとっても旬な話題でございました♪


今月パターンの仕事は忙しくないはずなのに、な~んかショップのほうが進んでおりませぬ。宙ぶらりんのモノたちがたくさん(汗)
  • 2010/05/21 17:38
  • aya
  • URL
  • Edit
aya ちゃん
実は私も衿ぐりの始末や、開き具合の検討に一番時間が掛かってます。
生地によって、丁度だったり、入りにくかったりするし
難易度も、縫いやすい生地かどうかって所が、大きく影響するよね
沢山縫いすぎて、難しいとは感じなくなりました(笑)
家庭用ミシン前提で、少しでもわかりやすくて、縫い代がゴロゴロしないように考えているつもり・・・
  • 2010/05/24 13:44
  • you
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。