奥深い

洋服作りって なかなか奥深い

だから何年(ん??何十年か?)やっても飽きない
今でも、もっと上手くなりたい と日々修行中です

会社員時代に 縫製チームの先輩に
「どうやったら縫いがうまくなりますか?」
と質問したことがあります


「地の目を意識することかな」 とのことでした


当時、何にも出来なかった私には

「へ~よく分からんけど、地の目をひらうって なんちゅう高度な」
と思っていました


今では その意味がよくわかります

地の目が通っているときの 縫い方・生地の動かし方
バイアス地の目のときの力加減 

何気ない会話だったけど、それが大きな宝になっています


できる・できない は置いといて、意識することが大事だそうですよ


縫いのプロって本当にすごいです
縫い目がきれいなのはもちろんですが、生地にあわせた縫い方をするのです

例えば、1cmの縫い代でも、1cmで縫わないことがあるんですよ
生地が厚いときは、厚み分を想定して9mmくらいで縫ったり
見返しに控えを付けるときはわざと、生地端を少しずらして縫ったり
つまり、仕上がったときパターン通りの大きさになるようにしてくれます

ピンを外し忘れると大変なので、マチ針は一切使いません
イセのたくさん入った袖付けでも指先と目打ちで鮮やかに縫っていきます

おかげで沢山勉強させてもらいました

皆様も  地の目  を意識してみてくださいね
急に上達するかもしれませんよ(笑)


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。